Kong Konnect and Kubernetes

By on April 2, 2022

【終了、資料掲載】Kong Academyを日本語でお届け!#2
Kong for Kubernetes編
”はじめてのKong”オンラインミートアップ 開催します

本ミートアップは終了いたしました。ご参加いただき誠にありがとうございました。

日時:2022年4月21日(木)15:00-17:00

https://konghq.connpass.com/event/242354/

APIゲートウェイとService Mesh、そしてKongの基礎を知っていただくために”はじめてのKong”オンラインミートアップを開催します

本セッションではKongのオンライン学習プラットフォームであるKong Academyより、Kong for Kubernetes編を日本語でお届けします。セッション中に日本語で質問できますし、ビデオ収録しますので復習にもお役に立てるでしょう。

Kong Academyは、基礎的なコンテンツに無料でアクセスできます。レベル100のコースを中心に構成していますが、セルフペースであり英語となります。そこで日本のミートアップでは、このコースの中から毎回新しいセッションを日本語でお届けします。Kong Academyのチームは継続的に新しいコンテンツを追加しますので、定期的にチェックしてください。

なお、2022/2/24に開催した”Kong Gateway 入門編 – Services, Routes, Plugins & Consumers”はKong Academyを日本語でお届け!#1としました。資料/ビデオを公開しておりますのでご参考になされてください。https://konghq.connpass.com/event/236777/

また以前のミートアップでは有償バージョンであるKong Konnectを中心にご紹介して参りましたが、今年からはKong Gateway (OSS), サービスメッシュのOSSであるKumaも合わせてご紹介します。

イベント資料一覧

スライド

kong_hajimete_220421

20220421_connpass_hajimete_KGLL108

ビデオ

Kongを利用して、ハイブリッド/マルチクラウドにおけるAPIとマイクロサービスを容易かつ高速に活用しましょう!

Kongは高速でスケーラブルなマルチクラウド対応APIプラットフォームです。Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどあらゆるクラウドサービス上で動作するだけでなく、オンプレミス環境でも広く利用されており、更にそれらを組み合わせたハイブリッドクラウドアーキテクチャの構築も容易にします。

Kongは標準でプロキシ、ルーティング、ロードバランシング、ヘルスチェック、認証など様々な機能を提供しており、外部へのAPI公開を行う際に役立つのはもちろんのこと、Kubernetesにもネイティブに対応しており、マイクロサービスオーケストレーションの中核的なレイヤーとして利用することも可能です。

Kongは高いパフォーマンスとプラグインによる拡張機構を備えているだけではなく、GitHub上でオープンソースプロジェクトとして開発されています。関連プロジェクト全体でGitHubスター数5万以上と、開発者からの圧倒的な支持を受けており、世界で最も人気のあるAPIプラットフォームです。

Kongは3億以上のダウンロード、100,000以上のコミュニティメンバー、400以上のエンタープライズ顧客に利用されています。

アジェンダ/タイムテーブル

時間 セッション スピーカー
15:00-15:10 ご挨拶、案内
15:10-15:30 はじめてのKong
– Kongが提供するプロジェクト/製品をご紹介します
Kong Inc.
Sales Director 西原 順二
15:30-16:20 Kong Academyを日本語でお届け!#2
– Kong for Kubernetes編
Kong Inc.
Solutions Engineer
施 文翰(Wenhan Shi)
16:20-16:30 オンラインQAツールを使って行います 皆さまご参加ください
16:30-16:40 アンケート、次回のご案内など、終了

 

https://konghq.connpass.com/event/242354/

皆様のご参加をお待ちしております。

Share Post: