ブログ 2022年09月22日

デジタル庁、Kong Gatewayを推奨APIゲートウェイに認定

どの項目においてもKong Gatewayが優れた結果となっており、オープンソースAPIゲートウェイの中では安定性、利便性、今後の発展など様々な面で期待できる。本調査結果より、Kong GatewayがAPIゲートウェイの公認モジュールに相応しいと判断する。

デジタル庁傘下のデータ社会推進協議会 https://data-society-alliance.org/ では、デジタル庁が推進するデジタル田園都市国家構想の実現に向け、データ連携基盤の機能要件とコアとなる部品(以下、推奨モジュール)を調査しました。それを実現する上でコアとなる部品が「APIゲートウェイ」です。そのAPIゲートウェイの推奨モジュールとしてKong Gatewayを選定しました。以下のURLをご参照ください。

出展:デジタル庁、プレスルーム/新着・更新情報
デジタル田園都市国家構想の実現を後押しするためのデータ仲介機能の提供を開始しました

出展:データ社会推進協議会、推奨モジュール詳細
https://data-society-alliance.org/area-data/module/manual/

推奨モジュールを選定するにあたり調査報告書が公表されています。

出展:デジタル庁、生活用データ連携に関する機能等に係る調査研究
生活用データ連携に関する機能等に係る調査 調査報告

政府が推進するオープンソースを前提とした調査報告書には(以下抜粋)
「どの項目においてもKong Gatewayが優れた結果となっており、オープンソースAPIゲートウェイの中では安定性、利便性、今後の発展など様々な面で期待できる。本調査結果より、Kong GatewayがAPIゲートウェイの公認モジュールに相応しいと判断する。」
と非常に高い評価をいただいております。

また、調査報告書にはOSSとして公開されているAPIゲートウェイを選定し、各OSSの成熟度を示しています。

OSSの成熟度

自由なデータ流通と利活用による豊かな社会の実現に向けて、Kongが貢献できることを大変うれしく思います。
皆さまのデータ連携基盤の構築にあたりお役立てください。